バナジウム水は肝臓に影響を及ぼすのか?

バナジウム水と肝臓の関係性


バナジウム水の不安の一つとして肝臓にも影響はないかと調べる方たちがいます。

 

バナジウム水は健康に良いとされている一方、毒性もあるという声もあります。

 

そこで、バナジウム水の不安要素の一つである肝臓の関係性についてお話します。

 

バナジウム水の摂取による肝臓の影響は?


バナジウム水に含まれるバナジウムの含有量はかなり少なく、体に悪影響がほとんどないのです。

 

2Lに含まれるバナジウムの量は0.1mgで体の影響はないんです。

 

本当に体に悪影響を及ぼすようになるには、毎日22mgのバナジウムを摂取することが前提なので、0.1mgを考えると全く問題がありません。

 

なので肝臓に影響は全くなく、むしろ糖尿病の改善にもなります。

 

1日に飲まれる水の量も人それぞれですが、2〜5Lぐらいなので肝臓に影響はありません。

 

その他の臓器にもバナジウムが蓄積されるような痕跡がないことをアサヒ飲料が証明しているので、バナジウム水の安全性は証明されています。

 

なので肝臓だけでなく、他の副作用も気にしていた場合は安心しても良いのです。