バナジウム水は糖尿病の改善になるのか?

糖尿病の改善になる?バナジウム水の効能とは


バナジウム水は糖尿病改善になるという噂を耳にしたことがあると思います。

 

実際に本当にバナジウム水で糖尿病改善になりえるのか?

 

その効能を紹介します。

 

バナジウム水は効果がある!


東京医科大学准教授が行った研究があります。

 

その実験とは、血糖値が140mg/dl以上の糖尿病患者の男女に1リットル65ugのバナジウムが含まれた富士山水を毎日食前に180ml飲んでもらう実験がありました。

 

この実験を毎日つづけて60日間行い、その間に血糖値に変化がないかを調査した結果、半分以上の糖尿病の方の血糖値が正常値に戻ったことが確認されました。

 

これが確認されたことにより、バナジウム水が糖尿病に効果があることが証明されたということです。

 

なので、血糖値が気になる方は飲んだほうが良いということになります。

 

 

効果的なバナジウム水の飲み方


バナジウム水が糖尿病の人に効果があることが分かりましたが、より効果を実感するために効果的な飲み方があります。

 

それは朝の起床時に飲むことです。

 

朝の起床時にバナジウム水を飲むことにより、このような効果が期待できます。

 

血液をサラサラにする


就寝中は汗をかくので水分を放出しています。

 

これにより血液が流れがゆっくりになるので、起床時に飲むことで血液の流れをサラさらにし、動脈硬化、脳梗塞、脳血栓、高血圧を予防します。

 

口の中にある細菌の繁殖を防いでくれる


唾液の分泌は寝ている間は少なるため、口の中の細菌が繁殖しています。

 

寝起きの息が臭いのもこのためです。

 

なので、一度うがいをしてからバナジウム水を飲むと効果的です。

 

脳の活性化


寝起きに水を飲むと脳の回転が14%向上することが、イーストロンドン大学の最新研究で明らかになっています。

 

そしてこの効果は喉が渇いているほど効果が大きいとされているのです。

 

朝食前の胃腸に準備を促してくれる


寝起き時に朝食を食べると胃腸に負担が掛かってしまいます。

 

水を飲み胃腸を潤すことで消化の準備をすることができます。

 

これはダイエットにも使われてる方法で、血糖値の急上昇を防ぎ、腸の活動が活発になりお通じもよくなります。

 

 

まとめ


バナジウム水がどれだけ健康に良く、糖尿病の改善になるかが分かってもらえたかと思います。

 

糖尿病を気にしている方は寝起きはもちろんのこと、昼や夕方の食前にコップ1杯分のバナジウム水を毎日飲むと血糖値の改善につながります。

 

しかしバナジウム水は普通の水より高い値段で販売され毎回購入するのも大変です。

 

ですが、その手間を回避し安全なバナジウム水を安く飲む方法がウォーターサーバーを使う事です。

 

ウォーターサーバーと言えば高いイメージがついていましたが、2018年に新しくなった【シンプルウォーター】であれば一番安く、お店に買いに行く手間が省くことができます。

 

シンプルウォーターを設置することにより毎朝手軽にバナジウム水を飲むことができ、習慣化することが出来るのでオススメです!