水出しでの緑茶の効能について

水出しで作る緑茶の効能とは?


水出し緑茶の効能は最近の研究で不眠症に一番効くということが分かり、効能も抜群です。

 

そのため2018年の8月頃にもテレビで紹介され、水出し緑茶を作る人も出てきています。

 

何故不眠症に聞くのか?作り方と一緒に紹介していきます。

 

 

水出しで作ると成分も変わる


水出しでつくる緑茶はテアニンといわれる成分が豊富に含まれています。

 

そのテアニンにリラックス効果がありα波(アルファ波)を刺激し睡眠障害を解消してくれます。

 

アルファ波は脳が発生する電気信号のことで、ストレスが発生すると乱れてしまいます。

 

その脳波の乱れを正常に戻してくれるのがテアニンで、正常に戻れば睡眠も正常になり不眠症を改善してくれます。

 

 

なので、水出しから作った緑茶はテアニンの効能(ききめ)が強く脳波を正常にもどしてくれるので、健康にも良いとされています。

 


しかし、緑茶を温水で作ってしまうと、カフェインの成分が強くなってしまうため、カフェインの効果は中枢神経を興奮させることによる覚醒作用があるためテアニンの意味がなくなってしまうのです。

 

水の温度が高ければ高いほどカフェインの効能が強くなるので、水出しを緑茶を作る場合は出来るだけ温度の低い冷水を使うようにしましょう。

 

水出し緑茶の効能を強くするには?


実はただの水を使うだけではカフェインの成分がのこってしまいます。

 

なので、カフェインの成分を無くすには15度以下の冷水で作るようにします。

 

 

15度以下で作ることにより、カフェインの成分を無くすことが出来、テアニン成分だけを残すことが出来るので、効果を実感できます。

 

15度以下で作る水出し緑茶を2週間飲み続ける実験で90%の方が不眠症を改善したという結果もテレビで残されており、効能が強いことも証明されています。

 

 

なので、水出し緑茶を作るときは必ず15度以下の冷水を使って作るようにしてください。

 

 

水出し緑茶の作り方


まず、浄水器を通したものか、お店でうっているミネラルウォーターでを冷蔵庫で15度以下まで冷やします。

 

冷やしたあとにティーバッグに緑茶を入れ、冷水ポットに予め冷やしておいた冷水を入れます。

 

 

後はふたたび冷蔵庫にいれ、時間をかけて抽出し約3〜5時間程時間をかけます。

 


これでテアニンが豊富に含まれている水出し緑茶の完成です。

 

 

手順がちょっと面倒ですが、これを飲み続けることにより不眠症改善になるなら飲むべきです。

 

 

面倒な手順を飛ばしたいという方であれば、ウォーターサーバーのきれいな水ですぐに15度以下の冷水がでるので面倒な方はおすすめです。

 

 

最近では一番安くて水の料金だけで始められるノルマなしのシンプルウォーターがあるのでおすすめです。