ウォーターサーバーとペットボトルはどちらが良いのかを比較

ウォーターサーバーとペットボトルの違いは?


ウォーターサーバーとペットボトル水、どちらも綺麗なお水です。

 

ですが、どっちも同じであれば他に違いはあるのかと思ってしまいますよね

 

なので、このページではウォーターサーバーとペットボトルの違いについてお話します。

 

 

ペットボトルの違い


ペットボトルの水を使うことによるメリットは・・・

メリット1 ウォーターサーバーよりも水が安い
メリット2 持ち運びが可能なため、好きな時に飲むことが出来る
メリット3 衛生面を気にしなくてよい

 

分かりやすいメリットの一つとしてウォーターサーバよりも低コストで納められるのがペットボトルの一番のメリットです。

 

持ち運びもでき、好きな時に飲むことができるのもメリットの一つになります。

 

ペットボトルなので衛生面などを気にしなくて良いのが特徴ですね。

 

ただし、一度蓋を開けたら1〜2日までに飲まないと菌が繁殖してしまう原因にもなるので蓋を開けたら早めに飲むことをオススメします。

 

 

つづいてペットボトルのデメリットは・・・

デメリット1 お店で購入する手間がある
デメリット2 ペットボトルなのでゴミがたまる
デメリット3 購入した分だけ冷蔵庫の場所を取る

 


ペットボトルの水は安い分、買いに行く手間がかかります。

 

最近ではネットでも水が売っていますが、お店で買うより普通に高いです(汗

 

なので、とにかく安く収めたいのであれば、お店に行ってまとめて購入したほうがお得です。

 


もう一つのデメリットとしてペットボトルなので、飲み干せばもちろんゴミになるわけなので、ゴミがすごく溜まるようになります。

 

お店で買う水は安いですが、そのぶん手間もかかるというのがペットボトルの目立つデメリットだと思います。

 

 

ウォーターサーバーの違い


続いてウォーターサーバーのメリットは・・

メリット1 いつでも冷水と温水(お湯)を飲むことができる
メリット2 ペットボトルではないので、ゴミの量を減らせる
メリット3 電気代の節約になる
メリット4 お水をよく飲むようになる

 

一番のメリットは、いつでも冷水と温水(お湯)を飲むことが出来ることです。

 


ウォーターサーバーの近くにカルピスやココア・コーヒーなどを置いておくと、いつでもその場ですぐに作る事ができます。

 

これがまた便利で、このためにウォーターサーバーを利用してる人が多くいます。

 

 

メリット2としてペットボトルよりもゴミの量がかなり少ないので、その分の手間が大きく省けます。

 

メリット3の電気代も、ウォーターサーバーの種類によって異なりますが、24時間稼働での1ヶ月で500円〜1000円までの物があります。

 

このサイトで紹介しているシンプルウォーターは1日24時間稼働で12円なので1ヶ月に336円〜372円と冷蔵庫よりも安くおさまります。

 


そしてメリット4にお水をよく飲むようになります。

 

それってメリットなの?』って思うかもしれませんね(汗

 

実はウォーターサーバー有りの生活になると自然と毎朝起きた後にお水を飲むという習慣が出来るんです。

 

しかも毎朝お水を飲むと、すごく健康に良いんです。

 

 

毎朝お水を飲むことによる健康のメリットは・・

メリット1 口の中の細菌繁殖を防ぐ
メリット2 腸を動かし、スムーズな排便を促す効果がある
メリット3 脳の活性化
メリット4 朝食を食べる前の胃腸に準備を促す
メリット5 ダイエット効果がある

 

寝ている間は唾液の分泌が少なくなるため、口の中の細菌が繁殖します。

 

毎朝水を綺麗な水でうがいをしてから飲むことにより細菌の繁殖を防ぐことができます。

 

そして朝飲んだ水のおかげで、腸を動かしスムーズな排便を促してくれます。

 

それだけではなく、水を飲むことで胃腸を軽く刺激し朝食を食べても胃腸に負担を与えにくくし、ダイエット効果も期待できます。

 

 

ウォーターサーバーを設置したことにより、水を飲む習慣がついたため体の調子が良くなったという方もいます。

 

 

そして次にウォーターサーバーのデメリットは・・

デメリット1 設置スペースを取ってしまう
デメリット2 気を抜くと水を使いすぎてしまう
デメリット3 掃除(メンテナンス)が必要
デメリット4 ペットボトルの水よりも値段は高め

 

ここで紹介しているシンプルウォーターの公式で売っている水はノルマ無しの最安値で安いのですが、お店で売っている水よりは高いです。

 

なので金銭面でのデメリットは考えておくべきです。

 

そしてウォーターサーバーは機械なので、1ヶ月に1回はお水が出る入口を掃除したり半年に1回はタンク内の掃除が必要になるため簡単にできるのですが、これが面倒だという方もいます。

 

さらに設置スペースも取るため、置く場所に悩まされます。

 

 

そして一番のデメリットだと思うのは水を使いすぎる事です。

 

ウォーターサーバーは冷水と温水(お湯)をすぐに出すことができるため、カルピスやカップラーメン・コーヒーなどがすぐに作れるため便利です。

 

便利すぎる為に、初めての方は気づいたらタンク内の水が全て無くなってるという事態になる事が結構多いのです。

 

 

便利だからこそ多用して、いつの間にか水にお金を使いすぎていた・・・ということになりかねません。

 

 

なのでウォーターサーバー使いたいという方は水の使い過ぎに気をつけて使うようにしましょう。

 

 

まとめ

以上がペットボトルとウォーターサーバーの違いについてでした。

 

結論を言いますと、面倒だけど安さが一番と思う方はペットボトル。

 

便利・手軽さ、健康習慣の付けやすさを取る方はウォーターサーバーを選びましょう。