ミネラルウォーターの飲み過ぎ

ミネラルウォーターの飲み過ぎは体に悪影響が出るという噂は本当なの?


ミネラルウォーターを飲み過ぎて体に悪影響を及ぼすという、怖い話を聞いたことがありませんでしょうか?

 

たしかに半分正解ではあるのですが、半分間違いでもあります。

 

なので、ミネラルウォーターの真相についてお話していきます。

 

飲み過ぎは体に毒と言われている真相


ミネラルウォーターの飲み過ぎが体に悪いと言われているのは、尿路結石の可能性を高めることにあります。

 

他にもむくみ・冷え・倦怠感などもありますが、一番はやっぱり尿路結石だと思います。

 

3大激痛とも呼ばれているので、その痛さはかなりのものです。

 

しかし、それはミネラルウォーターだからではなく、その水が硬水か軟水かの問題によるものです。

 

飲み過ぎが体に悪いと言われているのが硬水で、軟水のミネラルウォーターは問題ありません。

 

硬水と軟水の詳細については下のボタンから詳細がみれます。

 

 

ミネラルウォーターにも水の硬度が異なっていて、硬水のミネラルウォーターを摂取しすぎると危険だということです。

 

なので、軟水のミネラルウォーターであれば大丈夫だということです。

 

何故かミネラルウォーターという飲み物が体に毒という声がでているので、誤解を受けやすい感じになっていますね(汗

 

なので、ミネラルウォーターを買うときはパッケージの裏にある詳細を見て軟水か硬水かをみれば大丈夫です!

 

軟水か硬水かの見分け方


軟水か硬水かを判断するためにパッケージの裏側を見ます。

 

裏側を見ると種類によって書いてある場所が違いますが、必ず硬度が書かれています。

 

それを参考にすると分かりやすいですね。

 

さらに、その中で硬度30〜40mg/Lぐらいの水がオススメです。

 

有名ないろはすの水は地域によって変わりますが、硬度31〜35ぐらいなのでオススメですね。

 

なので、ミネラルウォーターを選ぶときはしっかりパッケージの裏面を見てみると良いですよ!

 


そして最後に重要な事をいいますが、水道水から出る水も硬度が50〜100ぐらいあり飲み過ぎても尿路結石になる可能性が高くなります。

 

なので、ミネラルウォーターだけに限ったことではなかったりします。

 

なので水を飲むときは軟水を飲むようにすると安心です。

 

飲み過ぎは注意ですけどね(汗

 

 

このサイトで紹介しているシンプルウォーターも硬度31の軟水なので、オススメしています。