ウォーターサーバーでミルク作り

ウォーターサーバーでミルクを作りたいけど大丈夫なの?


赤ちゃんのミルク作りが簡単になるということでウォーターサーバーを利用している方は増えています。

 

ですが、ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作り用として使っても大丈夫だろうか?と心配になると思います。

 

それもそのはずで、普通の水には殺菌されていない水やカルキ臭などがあるので、水道水からミルクを作るときは必ずお湯を沸かして殺菌とカルキ抜きをする必要があります。

 

その不安があるため、ウォーターサーバーの水は大丈夫なの?と気になる方は沢山います。

 

なのでこのページでは、その不安の回答と安全性について話していきます。

 

ウォーターサーバーの水は大丈夫なのか?


ウォーターサーバーの水は、すでに殺菌されていてカルキ抜きをしないでも良い水を使っているので大丈夫です。

 

大丈夫なのですが、一つだけ注意することがあります。

 

それは吸い上げ式のウォーターサーバーは使わないほうがいいという注意です。

 

その理由は、私が前に使っていた吸い上げ式のウォーターサーバーを使った時にゴムの臭いがついた水が出てきてそれを飲んだら気分が悪くなった経験があるからです。
その理由についても調べてみたところ下から水を吸い上げる最中にチューブに触れて通るため、いざ出したときに細菌がすこしついてゴムの臭いがするというものでした。

 

私の使っていたウォーターサーバーが不良品の可能性もあるんですが、一度この経験をしたらやっぱり不安にもなります。

 

そこで私は安全なタンク式のウォーターサーバーに変えることにしました。

 

タンク式は吸い上げるのではなく、溜めて置くタイプでそのまま出すので天然水の綺麗な水をそのまま出すことができます。

 

そのおかげで綺麗な水をいつでも飲むことができました。

 

なので、赤ちゃんのミルクを作るときはタンク式のウォーターサーバーを私はオススメします。

 

私のオススメしているタンク式のウォーターサーバーはシンプルウォーターというもので、ノルマも無しで月額料金も無しで水も、今まで見た中で一番安く本体も軽いので女性に扱いやすいウォーターサーバーです。

 

AGXXという有名な除菌システムも使っているので安全性もばっちりですよ。

 

 

ウォーターサーバーを使うときの気を付けておくこと


タンク式のウォーターサーバーは安全だということを話しましたが、気を付けておくことがあります。

 

それは定期的な掃除を行わないといけないということです。

 

これはウォーターサーバーだけでなく、水道水にも言えることで水の出る入口を定期的に掃除しないと外から細菌が入ってくるので掃除は必ずしましょう。

 

ウォーターサーバーを使えばミルク作りは簡単になると言っても、定期的な掃除をしないと同じことになります。

 

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作るときの手順


注意点も掃除も話ましたので最後にウォーターサーバーでミルクを作るときの手順を紹介します。

 

手順1 器具の消毒
手順2 哺乳瓶に粉ミルクとお湯を入れ溶かす
手順3 冷水を入れながら、40℃ぐらいに調整する

 

ウォーターサーバーを使えばこの手順だけで簡単にミルク作りができます。

 

今の社会では共働きする人たちがほとんどなので、出来るだけ時間のかかるミルク作りの作業は短縮しておきたいですよね。

 

赤ちゃんも大切だけど母親である自分も大切にしないと疲れでダウンしてしまったら元も子もないですからね。

 

なので、短縮できるところは短縮して、効率よく子育てしましょう!