シンプルウォーターの水について

シンプルウォーターが使用している水は安全か?

シンプルウォーターの使用している水は美味しくて安全なのか?

 

それについてお話していきます。

 

シンプルウォーターの水は軟水


水には、軟水と硬水の2種類があります。

 

シンプルウォーターが使っている水は軟水の方になります。

 

ですが軟水と言われても、どのように違うのか疑問に感じるかと思います。

 

そこで軟水と硬水の違いについて解説していきます。

 

 

軟水と硬水の違い

軟水と硬水のちがいを分けるものは【硬度】です。

 

硬度とは水1Lあたりのカルシウムとマグネシウムの含有量で、日本基準では高度100mg未満が軟水、100mg以上が硬水と言われています。

 

日本の基準 WHO(世界保健機関)の基準
軟水 0〜100mg/L 0〜60mg/L
中硬水 100〜300mg/L 60〜120mg/L
硬水 300mg/L 以上 120〜180mg/L
超硬水 300mg/L 以上 180mg/L 以上

 

硬水は日本基準で100mg以上を差し、カルシウムとマグネシウムが多く含まれていて血液をサラサラにする効果があり、心筋梗塞などのリスクを減らすと言われています。

 


それだけではなく、マグネシウムが多く含まれてることにより、消化器系に影響を与え便秘解消効果なども期待できます。

 

便通解消なので主にダイエットをしてる方が硬度の高い水を好んで飲まれています。

 

しかし、腎臓の悪い人が硬水を飲むと、硬水に含まれるカルシウムをろ過しきれないため、結石のリスクが高くなるので健康な方が飲むようにしましょう。

 

 

軟水の効果とは


軟水は硬水とくらべ胃や腸に優しく、肌をしなやかにしたり油分を奪わないなどの美容効果があります。

 

しかも軟水は洗顔石鹸などに使うと泡立ちがよく、洗顔にも効果的で美容目的で軟水を使う女性の方もいます。

 

また、軟水は赤ちゃんに優しい水と言われていて、軟水は硬度が低い水なのでカルシウムとマグネシウムが硬水よりも低く、血液成分の調整力が弱い赤ちゃんに最適です

 


しかも赤ちゃん用につくるミルクには、カルシウムとマグネシウムが多く含まれているので、硬度の低い軟水を使わないと過剰摂取になってしまいます。

 

 

シンプルウォーターが使っている軟水も硬度31mg/L なので体に優しく、赤ちゃんのミルク作りに適しています。

 

 


そして軟水は料理にも効果的で、日本人がいつも食べているご飯や煮炊き汁物に使われ、うま味成分を引き出してくれる特徴があります。

 

 

日本の水道水も軟水ですが・・・


日本人が普段から利用している水道水も実は軟水です。

 

ですが、地域により硬度が違い住むところによっては硬度100以上の硬水だったりします。

 

特に有名な関東や九州などは硬度が70mg/L 以上の地域があったり、一番下にある沖縄になると硬度100mg/L以上の硬水になります。

 

地域によってばらつきがありますが、全国平均での水の硬度は約50mg/L になります。

 

なので住んでる場所によっては料理に適さなかったり、赤ちゃんに飲ませる水ではなかったりします。

 

 

そのため、水の硬度が高い地域の人たちは、お店で売っている硬度の低い天然水の購入やウォーターサーバーを利用しています。

 

 

ご老人や赤ちゃんのいる家庭はお店で売っている水や、ウォーターサーバーを利用することをオススメします。

 

 

関連記事

ウォーターサーバーとお店で売っている水どちらが良いかを比較!