ウォーターサーバーの水の賞味期限

ウォーターサーバーの水の賞味期限について


水だから賞味期限はないのでは?と思われる方もいますが、実際は水にも賞味期限はあります。

 

市販で売られているペットボトルに表示されてないこともあったりするので、勘違いしてしまいがちです。

 

では実際に水の賞味期限についてお話していきます。

 

水の賞味期限について詳しく


ウォーターサーバーから送られてくる水や市販の水の賞味期限は約2年間です。

 

・・なのですが、直射日光などの高温な場所に保管すると劣化してしまい、たとえ1ヶ月でも危なくなってしまいます。

 

夏場などは特に注意が必要で、出来るだけ直射日光を避けて保管する必要があります。

 

これが出来てようやく2年間ということになります。

 

次に注意することは開封後の水です。

 

いくら水とはいえ、開封したら空気がはいり細菌が入ってしまいます。

 

なので、開封後はできるだけ1週間以内に飲まないと下痢などの原因にもなってしまいます。

 

しかも一回実験としてペットボトルの蓋をあけて冷蔵庫に保管しないで1日だけほったらかして飲んだことがあります。

 

飲んで30分後に下痢を引き起こしたぐらいです(笑

この実験から言えることは、開封後は出来るだけペットボトルに蓋をして冷蔵庫に入れて1週間以内に飲み干す!という結論になりました。

 

市販の水に関しては1週間以内なのですが、ウォーターサーバーについては機械にセットするので約5〜6ヶ月間持ちます。

 

ウォーターサーバーには細菌を増やさない技術がほどこされているので、半年は持つようになっています。

 

当然それ以上は持ちませんが、ペットボトルの水よりは長持ちしますね。

 

なので賞味期限などを考えるとウォーターサーバーの方が良いのかもしれません。

 

どちらにしても、水も生ものに近いようなものなので保管に気を付けてください。